ハウツー

インデックスカバレッジの問題が検出された時の対策

投稿日:2018-05-03 更新日:

最近こんなメールがGoogle(Seach Consoleチーム)から送られて
ちょっと驚いている方はいらっしゃいませんか?

私がそうでした^^;

サイトの常時SSL化をした数日後に送られてきましたので、
何か重大な問題があるのか…心配しました。

メールでは大きな文字で「新しいインデックスカバレッジの問題が検出されました」
と書かれているし、特定のページではなくサイトそのものの問題…?

新しいインデックスカバレッジの問題が検出されました

なんて少し深刻な気持ちになりました。

しかし、WorPressをご利用の方で、これが最近のことであれば、
恐らく原因は「私と同じ」ものだと思われます。
複数のワードプレスサイトを運営されていて、同じメールがきているのなら、
もう「鉄板」です!

そして、深刻な問題でもありませんから、ご安心ください!
原因は、あなたのサイトの”sitemap.html”の問題です。

 

 

Google Seach Consoleチームからのメール

Search Console has identified that your site is affected by 1 new Index coverage related issue. This means that Index coverage may be negatively affected in Google Search results. We encourage you to fix this issue.

New issue found:
Submitted URL marked ‘noindex’

[Fix Index coverage issues]

Search Consoleでは、あなたのサイトが1つの新しいインデックスカバレッジ関連の問題の影響を受けることが判明しました。これは、Google検索結果でインデックスのカバレッジが悪影響を受ける可能性があることを意味します。この問題を解決することをおすすめします。

新しい問題が見つかりました:
送信されたURLは「noindex」とマークされています

[索引カバレッジの問題を修正]

引用:Google Seach Console

 

Google Seach Consoleチームからのメールで、
最初から「このファイルがおかしいよ。」、というお話だと、有難いなーと思うのですが、
実際にはセキュリティ上の問題もあり難しいのかも知れませんね?

なので、この様なメールを受け取ったら、まず何が問題なのか、調べないといけません。

 

 

牽引カバレッジの問題を修正

メール内の「牽引カバレッジの問題を修正(Fix Index coverage issues)」
をクリックしてサーチコンソールに遷移します。

牽引カバレッジの問題を修正

確かにエラーが発生していますね。

 

確かにエラーが発生していますね。

BETA版の関係か、私の場合は英語表記になっていました。
(その場合は右クリックで日本語翻訳してください。)

 

状態からエラーを確認しますと「送信されたURLは「noindex」とマークされています。」
何らかの問題によりインデックスされないよ。ということですね。

しかし、この状態ではどのページが問題なのかは分かりませんので、
この部分をクリックします。

送信されたURLは「noindex」とマークされています。」

 

すると、表示が変わり、該当するURLが確認できます。

「sitemap.html」だと分かりますね。

はい、先述しました「sitemap.html」だと分かりますね。

 

でも、不思議なんですよね?
sitemap.xml」なら分かりますが、「sitemap.html」なんて作成した覚えがない。
こんな方がほとんどだと思います。

実はこの”sitemap.html”、あるプラグインから自動生成されています。
そのプラグンが「Google XML Sitemaps」

実はこの”sitemap.html”、あるプラグインから自動生成されています。

WPを運営する上で、定番・便利なプラグインですので、多くの方が利用します。
私も全てのワードプレスサイトで必ずインストールするプラグインです。

 

Google XML Sitemapsの設定を確認しますと、

デフォルト状態の方は、”HTML形式でのサイトマップを含める”にチェックが入っています。
そして、これにより”sitemap.html”も自動生成されます。

Google XML Sitemapsの設定を確認します

つまり、今回のエラー対策はこのチェックを外すだけでOK!

 

何が原因なのか調べていませんが、エラーのタイミングがSSL化をした後、
サーチコンソールのプロパティに新規追加した後に発生していないことから、
SSL化にあたり発生した問題かも知れません。

そもそも、sitemap.htmlは、検索エンジンに対しては不要ですし、
訪問者に見せるためのサイトマップであれば、”PS Auto Sitemap”というプラグインも
あります。

ただ、このエラー問題を解消しないで放置しておくと、
サイト内記事の検索順位、サイト評価に影響するか…というと、
そんな事もないと思います。

しかし、エラーに対して前向きに対応する姿勢はサイト運営には必然です。
そうした姿勢がない、無関心が当たり前になってしまうと、
必ずどこかで大けがをすることになります。

ですから、放置しないで対応しておきましょう!

 

 

エラー修正の確認

Google XML Sitemapsの設定変更後、
サーチコンソールから[修正を検証する]をクリックします。

エラー修正の確認

ページが更新されますので、ここで[詳細を見る]をクリック

修正の検証は即時反映ではありませんので後日再確認してください

現在、検証中となっている筈です。
と同時に登録メールアドレスへもその確認メールが送られてきます

修正の検証は即時反映ではありませんので後日再確認してください。

 

もし、今後WordPressの常時SSL化を予定されている方で、
Google XML Sitemapsを利用中の場合は、
SSL化する前に設定を更新しておきますと二度手間になりません。

-ハウツー

Copyright© アドセンスブログで稼ぐ , 2018 All Rights Reserved.